失敗しないフライパンの選び方について

>

一生使えるフライパンです

フライパンを洗うタイミングについて

油の温度が下がると固まってしまい粘着性があがりフライパンにくっついてしまいます。
その為、前の記事でも紹介したように、なるべく早めにフライパンを洗うのが良いと言いました。
ですが、出来れば水ではなくお湯でつけおきしてから洗ったりするのがフライパンには優しいそうです。

では、洗うタイミングですが、アツアツの状態よりも触っても熱くなく冷たくもない程度まで下がったらお湯で洗うのが良いみたいです。
洗う前には汚れを拭いてから洗うのが長持ちさせるコツのようです。
特に、テフロン加工のフライパンを多く使用している主婦が多いのですが、温度変化に気をつけて素早く洗うのがフライパンを傷つける事ないですし、汚れも簡単に落ちるやり方です。

フライパンの温度に近いお湯をかける

急激にフライパンの温度を下げてしまうと歪みやすくなってしまい、フライパンを買い替える事になってしまいます。
少しでも長持ちさせる為には、料理した後にすぐ洗う事ですが、その際にお湯の温度に気を付けて洗って欲しいです。
出来れば、フライパンが熱い内に同じような温度のお湯をかけたりそれにつけたりして洗うとフライパンが歪む事はないみたいです。

少しそのままの状態で置いておけば汚れも自然と浮いてくるのでこすらないで済みます。
前の記事でも紹介したように、洗剤をあまり使用しなくてもこのような方法でお手入れをするだけで簡単に汚れは落ちます。
なので、鍋やヤカンなどで料理の時に熱いお湯を沸かして置くと便利かもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る