失敗しないフライパンの選び方について

>

主婦におススメのフライパンについて

正しい洗い方について

フライパンの種類によってお手入れ方法は様々ですが、共通して言える事はあまり多くの台所用洗剤を使用しない事です。
強い洗浄成分が配合されている事が多く、毎回洗剤で洗ってしまうとフライパンにされている加工や機能を弱めてしまう恐れがあるからです。
なので、ここでは正しいお手入れの方法について見て見ましょう。

まずは、一番多く主婦の皆さんに使用されているフライパンと言えば、フッ素加工のフライパンではないかと思います。
料理をし終わったら、フライパンが熱い内にキッチンペーパーで油をふき取りスポンジに水を含ませて優しく円を描くように洗うだけで良いのです。
すすぐのは水ではなく汚れや油が落ちやすいように、ぬるま湯で綺麗にすすぐ事です。

洗剤の使用を控える理由について

フライパンの油汚れは片付けの時には一番厄介だと思います。
すぐに洗えば綺麗に落ちますが、時間を置いて洗うとなんだか油が残っているようでベタベタ感が残ってスッキリとしないと思います。
前の記事でも紹介したように、すぐに洗えば良いのですが、その際に洗剤に付けてゴシゴシと洗う人が多いと思います。

フライパンの中には洗剤を使用して綺麗に洗わないといけない物もあると思いますが、使った油の種類によって洗剤を使用しなくても綺麗にする事は出来るのです。
油の融点と洗剤の洗浄力の関係を勉強する事で、毎日の荒い物が楽になります。
使用した油の融点以上の温度の水や熱湯のかけるだけで油はフライパンからするりと落ちて軽く拭くだけで綺麗になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る